HOMEバックナンバー/2011.6.3 放送
過去の授業

おサイフにも、地球にもやさしい新エネルギー(2)

風力発電

風力発電を学ぶ前に、少しおさらいしてみましょう!

これからは、なぜ? 新エネルギーなのか?

日本のエネルギー自給率は、原子力を除くと4%原子力を含めても19%しか自給できていません。 環境などを考えると、今までのように化石燃料を使った電力ではなく、再生可能なエネルギーを最大限に活かす時期になっています。

前回も少しお話しましたが、費用対効果が必ず影響します。
「日本の電力会社10社の販売電力」によると、1KWhあたりの料金は、以下のようになります。

発電の種類
太陽光
石油
風力
地熱
水力
天然ガス
原子力
電気料金
46円~
10円~
10円~
9円~
8.2円~
5.8円~
4.8円~

当然私たちの家計に影響するので、CO²削減と言ってもなかなか進まなかったわけです。


風で電気をつくる「風力発電」を知ろう!

さて今回は、新エネルギーの中でも身近な風を使った「風力発電」のお話です。

風力発電は自然界に存在する風の力を利用してプロペラを回し、その回転運動を変換して電気エネルギーを作り出す発電システムです。
発電時に温室効果ガスを排出しないので、今注目される発電システムの一つです。
しかし、風力発電にもメリットとデメリットがあります。

風力発電のメリット
  • 発電コストが低い
  • 新エネルギーの中では比較的発電コストが低いのが特徴。
  • 太陽光と違い、風さえあれば昼夜問わず発電可能
  • 変換効率が高い。
  • 風車は風のエネルギーの40%を利用でき効率が高い。
    ちなみに太陽光は12%程度と言われてます。

風力発電のデメリット
  • 風速の変動に伴い、出力される電圧などが
    需要と関係なく安定しない
  • 風車など発電機のブレードに鳥が巻き込まれ、鳥が死傷してしまう。
  • 周囲に騒音被害や、低周波による人体への悪影響がある。
  • 景観への影響がある。

日本の風力発電利用例

実際の利用例として、北海道せたな町に日本初の洋上風力発電所、鹿児島県の長島町には日本最大のウインドファームなどがありますが、 FMヨコハマからも大きな風車が見えます。横浜市神奈川区にある瑞穂ふ頭にある「ハマウイング」です。 実は、あれ一基建設するのに約4億円かかると言われています。

[写真転載]
(左)「長島風力発電所」九州電力
(右)北海道せたな町「洋上風力発電所」海洋政策研究財団



最近では、個人住宅用に、静かでベランダ設置型の風車もあり、注目されています。
[写真転載]家庭用風力発電 ゼファー株式会社




発電効率資料

発電の種類 発電効率
火力発電
(一般)
(コンバインドサイクル)
(ガスコージェネレーション)
(熱供給を含めての値)
30~50%
60%
70~90%
原子力発電 (軽水炉)
30%
水力発電
(一般)
(揚水)

80%
70%
太陽光発電
(シリコン型)
(色素増感型)

10~20%
5~10%
風力発電
30~40%
地熱発電
10%
波力発電
10~30%
燃料電池
(燃料電池のみ)
(燃料電池コージェネレーション)
(熱供給を含めての値)
35~60%
80%
熱電発電
~4%
音力発電
~1%
核融合発電 (タービン式)
30~40%(予測)






















過去の授業