HOMEバックナンバー/2011.9.16 放送
前回の授業

家の本体以外の費用(1)

エクステリア費用

「このクルマください!」とセールスマンに言うと、車両本体や整備代、事務手数料などを計算して、数分で総額を出してくれますが。
家を買うときは、そう簡単にはいきません。

なぜなら、前回まで学んだように、家の高さ広さに関する制限、用途地域による制限により、建てられる家の大きさが変わるので、家本体の値段も建てる土地により変わります。

さらに、水道や電気などのライフラインをつなげるのにかかる費用や、インテリアなど、家を建てるには様々な費用がかかるので、すぐには総額を出せないのです。

今回はそんな家を建てるときにかかる費用の中でも、意外と後回しになりがちな、「エクステリア」について学んでいきましょう。


エクステリアとは

インテリアという言葉をよく聞きますよね。カーテンやソファ、家具などの家の内部をインテリアと言います。
これとは反対で家の外部の外構造園のことを「エクステリア」と言います。



エクステリアのコーディネートも楽しもう!

照明やカーテン、家具、ベットなど自分の好みに合わせて、インテリアコーディネートすることは、家づくりの中で楽しみなことの一つですよね。

しかし、エクステリアもインテリアと同様に、コーディネートを楽しめるはずなのですが、案外後回しになってしまう傾向が多いです。

家づくりの中で、エクステリアが占める割合は大きく、費用はインテリア費用よりも多いのが現状。(当社比ではインテリア費用の1.2倍くらいかかります。)

外構・造園などの外回りのコーディネートといえば、車を停める駐車場やポスト、表札などが必要でしょうし、雨が降って地面がぬかるんでいる様な状況では道路から玄関まで、石やコンクリートなどで足元の安全を確保したいものです。また、お隣との敷地境界にフェンスを設けたり、樹木を植えることもあるでしょう。



授業のまとめ

家庭とは字の通り「家」と「庭」とから成り立っているもので、「家」と「庭(外回り)」とのトータルコーディネートを考慮した計画が、建物の外観も更にイメージアップするのです。

<エクステリアを考える上での三大要素>
  • 外構
  • 門、塀、フェンス、駐車場、アプローチ等。

  • 家を建てた残りの土地という消極的な概念から脱却し、日照や風通し等の居住性に強く影響するポイントとして、積極的に取り組むべきでしょう。

  • サービスヤード
  • 必要な外部空間として不可欠な部分がサービスヤードです。ゴミの仮置きや洗濯物を干すスペースや雑多な物置のスペースです。



過去の授業