HOMEバックナンバー/2011.11.4 放送
前回の授業

ライフスタイルに合わせた家の建て方(2)

地域特性を活かした家づくり

前回の授業では「賃貸併用住宅」についてお伝えしました。今回は、この賃貸併用住宅の経営について、少し学んでいきましょう。


地域特性と賃貸併用住宅の不安

川崎、横浜エリアは都心に近く、人口も多い事から、自宅とアパートを併用し、土地の資産活用も同時に行う方が、多いエリアです。また、新築資金への充当も目的の一つにはなりますが、将来は2世帯の可能性なども考慮して、建てられる方も多いのが特徴です。

賃貸併用住宅を検討中の方に、

  • 入居者募集など管理や手続きは大変?
  • 入居者との人間関係が不安
  • 入居者がいなかったら…
  • メンテナンス管理とか大変じゃない? など

このような相談や質問を多くいただきます。
しかし最近では、全ての経営業務をサブリースするというスタイルが多く見受けられます。



「サブリース」とは?

サブリースとは、不動産の一括借上・管理システムのことです。
サブリースでは、

  • 建物の管理・メンテナンス
  • 入居者募集~入居の決定
  • 退去の管理
  • 家賃滞納管理 など

不動産管理会社が賃貸経営のサポートを行います。

例えば一括借上していない場合、入居者が居ないオーナー様は家賃が入らないですよね。
しかし、一括借上している場合は、入居の有無に関わらず、満室時の査定の契約家賃が支払われます。よって安定的な経営が見込めます。

このように、サブリースとは基本的に、オーナー様と入居者が直接関わる必要がないということが特徴です。



今回のまとめ

賃貸併用住宅について、理解は深まりましたでしょうか?

ただ、実際のイメージがつかないと難しいと思います。大切なのは、自分が思い描く理想の家と賃貸を複合させた場合、どうなるか?など平面図や参考資料だけではなく、実際の展示場を見ていただくことをオススメ致します。

賃貸併用住宅を見学したいという方、川崎のSUUMO住宅展示場 武蔵小杉内にある「セキスイハイム 武蔵小杉住宅展示場」をご利用ください。無料駐車場も完備しておりますので、ぜひお気軽にご来場ください。


過去の授業