HOMEバックナンバー/2012.2.3 放送
前回の授業

冬の健康対策

「いつまでも明るく、幸せに暮らしたい。」みなさんそう願いますよね。

成人してからの長い人生をいかに元気で健康に過ごすかが、高齢化社会を迎えた、日本人全体の大きな課題となっています。今回は冬の健康対策について学んでみましょう。

冬の基本対策

寒さで全身の血行が悪くなるこの季節。寒さが原因で、肩こりや足のむくみ、頭痛、冷え性、肌荒れなどと様々なトラブルを引き起こします。
このようなことから、冬の健康対策は「血行促進」が基本となります。

血行促進に効果的なのは、半身浴、フットバス、青竹踏み、ストレッチ、つぼ指圧や、下半身の筋肉をつけて、血流のポンプ機能をUPさせる事も効果があります。

また、部屋の空気が均一に暖められいているのが一番の理想ですが、実際は暖かい空気は上へ上がってしまい、エアコンでは足元が十分に暖まらないので、下半身の血行促進にはつながりにくいです。
この場合はホットカーペットや、床暖房など足元を温める工夫が必要です。



危険を回避する入浴作法

冬の体は急激な温度変化による血圧の変動で、ただでさえ大きな負担を強いられます。これは「ヒートショック」と呼ばれ、高齢者の場合は特に、心筋梗塞や脳卒中で倒れてしまう場合も。

とくにヒートショックが起こりやすいのは、トイレ、浴室、洗面所だといわれていて、実際入浴中に亡くなられる方の数は、12~2月がピークで家の中の寒さが大きな原因となっています。

冬の冷えきった体を温めるにはお風呂が1番ですが、間違った入浴方法が、ヒートショックを招く原因にもなります。

あなたはこんな入浴してませんか?【誤った入浴方法】

(1)42度以上の熱いお風呂に入る

42度以上の熱いお湯は、お風呂から上がった後に体が熱を冷まそうとする働きが高まりすぎるので、湯冷めしやすいです。

(2)肩までしっかり浸かる

肩までお湯に浸かる入浴法は、水圧で心臓や肺に負担をかけるため、実はとても危険です。

冷えきった脱衣所で服を脱ぐだけで、血圧は急上昇します
そのため、脱衣所には暖房器具を入れ、お風呂のふたを開けて湯気で空気を温めるなどして、なるべく温度差を少なくするよう気をつけましょう。その上で、みぞおちより下になるお湯の量で38~40度のぬるめなお湯にゆっくり(20分~30分)つかり、じっくり芯まで温まります。肌寒い場合は、肩からタオルなどをかけて保温を。そうしているうちに血行が促進されて新陳代謝が活発になり、じんわり汗をかいて老廃物も排出されます。

好きな入浴剤を入れれば、リラックス効果と共に、保温力もアップします。親子の触れ合いの場ともなるお風呂を、安全に楽しみましょう。

【正しい入浴方法】

(1)脱衣所・浴室

脱衣所には暖房器具を入れ、お風呂のふたを開けて、湯気で浴室の空気を温めるなどして、なるべく温度差を少なくするよう気をつけましょう。

(2)お湯の量

みぞおちより下になるお湯の量

(3)お湯の水温

38~40度のぬるめのお湯

(4)入浴時間

20分~30分ゆっくりつかり、じっくり芯まで温まる。


授業のまとめ

毎日のちょっとした心がけや習慣で、寒さや冷えに負けない、健康な体づくりができ、快適に過ごすことができます。「いつまでも明るく、幸せに暮らしたい。」その願いを叶えるために、健康でいられる家づくりについても考えてみましょう。

冬の健康対策のポイントをまとめた
ハンドブックをプレゼントいたします!
<<資料請求はこちらから>>

※ハンドブックは、一組様に一冊とさせていただきます。
※申込み受付後、10日ほどでお届けします。

過去の授業