HOMEバックナンバー/2012.2.17 放送
前回の授業

今話題のシステム

HEMSについて

「HEMS(ヘムス)」って聞いたことありますか?
これとっても優れモノなんですよ!知らない方必見!
今回は話題のシステム「ヘムス」について学んでみましょう。

HEMS(ヘムス)とは

HEMS(ヘムス)とは、「H・E・M・S」と書いて「ホーム・エネルギー・マネジメント・システム」の略です。

意味は、家庭内にある家電や設備機器類の使用電力を見える化し、太陽光発電などの創エネ設備を、家庭内で効率の良い電力利用を追及する一方で、無駄に使用されている電力を把握することで、節電意識の向上に繋げ、結果的に省エネを実現することが出来るというものです。



ハイムのHEMS

ハウスメーカーや設備メーカーでは、それぞれこのホーム・エネルギー・マネジメント・システム(HEMS)の名称が違います。

セキスイハイムでは「スマートハイム・ナビ」と言っています。

「スマートハイム・ナビ」の特徴

  • 節約ポイントをコンサルティングしてくれる!
  • ヘムスは使用電力を見える化するものですが、「スマートハイム・ナビ」なら、エネルギー情報を集約→分析→そのデータを活かして省エネコンサルティングを受け効率よく使用することができます。季節や電化製品ごとに電力の使い方の傾向を診断し、節約ポイントを具体的にアドバイスしてくれます。

  • お出かけ先でもチェックできる!
  • 「スマートハイム・ナビ」を使い、家の中での発電量や消費量、そして場所ごとの電力消費状況を把握し、パソコンスマートフォンなどで、どこからでも確認できます。あなたがお出かけ中でも、家にいるおじいちゃん・おばあちゃんがテレビを見ているか?子供が勉強しているか?など、別の視点でも活用している方もいます。

  • 節約意識が向上する、わかりやすい表示方法
  • 「大容量ソーラー」でいくら電力を発電しても、ムダ遣いをすれば台無しです。「スマートハイム・ナビ」なら、電力を使い過ぎている電化製品や時間帯などをチェックすることができるので、あまった電力の売電額アップにもつながります。 通常は、消費電力は「kWh」だけで表示されますが、スマートハイム・ナビなら、金額でも表示しますので、リアルでわかりやすく、家族の節約意識も向上することができるようです。


授業のまとめ

現在のヘムス自体は大変素晴らしい技術で大いに導入すべきでしょうが、よくよく考えてみると無駄使いを洗い出し、節電意識を刺激して省エネを実現するもので、省エネというよりは「節エネ」という表現の方が適切だと思います。
従って、真の意味で省エネを実践する為には抜本的な住宅の高性能(高気密高断熱)化が必要不可欠だと思います。

まずは、躯体断熱性能の向上を図って、併せて太陽光エネルギーを最大限利用し、その上でヘムスを活用する事が、本当の意味でエネルギー問題やCO²削減の解決に繋がると考えます。


過去の授業